会社情報

募集要項

募集職種
エンジニア職
デザイナー職
総合職
応募資格
2015年4月〜2018年3月までに卒業、もしくは卒業見込みの方
2018年4月1日時点での年齢が満28歳以下の方
高卒以上の方
給与
年俸400万円~
諸手当
時間外勤務手当、通勤手当、住宅手当(入社後3年目まで支給)、
育児手当、転居一時金(引越手当)
賞与
等級による
昇給
年2回
勤務地
東京(目黒本社)
勤務時間
9:30 - 18:30 (実働8時間)
休日休暇
完全週休2日制(土日)、祝日
リフレッシュ休暇(勤続2年ごとに5日間連続の特別休暇を付与)
年次有給休暇(初年度10日間)、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇

ドリコムの職種について

エンジニア職
ドリコムの技術の歴史

ドリコムは常に「人々の期待を超えること」を目指し、国内初のブログサービスやSNSの普及に合わせたソーシャルゲームの提供、市場の成長に先駆けたリワード動画広告配信システムの提供など、市場や技術の変化に合わせて多様な新規サービスを提供することで成長してきました。
前例のないサービスを成功させるには技術力が不可欠であり、それにより数々の新しい事業を成功させてきました。「人々の期待を超えること」を実現するサービスを提供し続けることを目指す私達にとって技術力は原点であり、成長の原動力です。

ドリコムのエンジニアのミッション

ドリコムのサービスづくりは、「人々にどのような価値を届けられるか」のビジョンを描くことから始まります。日々進化している技術を駆使して、そのビジョンを実現する、人々の期待を超えるサービスを産み出すことこそが、技術のプロ・サービスづくりのプロとしてのドリコムのエンジニアのミッションです。

ドリコムのエンジニア文化

ドリコムはインターネット上のものづくり企業です。事業の推進と同時に、インターネットの世界とオープンソースのコミュニティに貢献をしていくことが、技術への恩返しだと考えています。新しいことを実現するのは新しい技術と突飛なアイディアとであることが少なくありません。その仕事の成果をドリコムのエンジニアは共有し発信し続けたいと考えています。

エンジニア職の社員インタビューを読む
デザイナー職
ドリコムのサービスづくりの歴史

ドリコムは日本初のブログをはじめ、SNS上でゲームが遊べる「ソーシャルゲーム」、ソーシャルゲームのノウハウをふんだんに取り入れた継続できる学習サービス「ソーシャルラーニング」など、まだ世の中にないサービスに取り組んできました。どうしたらもっと使いやすくなるか、もっとわかりやすくなるか、もっと楽しんでもらえるか。ドリコムのデザイナーは先例の無いサービスをお客様の手元に届けるために考え続け、つくり続けてきました。

ドリコムのデザイナーのミッション

デザイナーとして入社された方には、アート制作やUIデザイン、アニメーション制作など、視覚と体感をつなぐことを通じて、人々の期待を超えるサービスを実現することに取り組んでいただきます。
また、ドリコムの提供する作品やサービスの世界観や企画など、仲間たちの頭のなかにあるものを形あるものにすることもデザイナーのミッションの一つです。

ドリコムのデザイナーの文化

いいものをつくるために「2つの壁」にとらわれないことを大切にしています。1つ目の壁は「職種」の壁。私たちが目指しているのはエンターテインメントを届けること。それを実現するために、職種の壁を超えていいものをつくるために職種を超えたコミュニケーションを大切にしています。2つ目の壁は「ジャンル」の壁。私たちの主なサービスはゲームですが、いいものをつくるために映画、ゲーム、ドラマ、音楽、舞台、ありとあらゆるエンターテインメントをお手本としており、ジャンルの壁を超えて最高のエンターテインメントをお客様に届けることを目指しています。

デザイナー職の社員インタビューを読む
総合職
ドリコムの企業理念と提供するサービス

私たちは企業理念である“with entertainment”という言葉を「人々の期待を超える」と理解しています。面白さや驚き、そしてワクワクするような体験は、人々の期待を超えたその先に産まれるものです。私たちはブログ、ソーシャルゲーム、ソーシャルラーニング、動画広告やCtoCサービスなど市場のトレンドの3歩先を行くサービスに取り組んできました。「人々の期待を超える」ことを実現するべく、挑戦を続けています。

ドリコムの総合職のミッション

お客様、そして世の中の期待を超えるサービスを産み出し、それを届けること、これがドリコムの総合職のミッションです。
総合職として働く方には「プロデューサー」「ディレクター」「プランナー」「マーケター」として、サービスを産み出すこと、そのサービスを世の中に届けることに多面的に取り組んでいただきます。
市場を理解し、自社を理解する。届けたい価値を定義し、どうやって届けるかを考える。そして徹底的に実行する。一連の流れを総合職の方には担っていただきます。

総合職の社員インタビューを読む
pagetop