内定後のケアが手厚くて
来日前の不安はなかった

僕は中国の天津出身です。大学卒業後にドリコムに入社、そのタイミングで日本にやってきました。大学ではプログラミング専攻だったので、プログラマーとして働くことのできる日本企業を選んで就職活動をしていました。
現在、仕事は全て日本語で行っていますが、実は学び始めたのは大学3年生の時です。日本語の先生がきれいだったという単純な動機で勉強を始めたのですが(笑)、学べば学ぶほど「日本で働きたい」という思いが強くなりました。
ドリコムのことは実はよく知らなかったのですが、面接で「この会社の人たちは親切だな」と感じて。内定後も中国にいる僕のことを心配して、こまめにメールでアドバイスをくれました。日本企業から内定をもらった他の同級生の話を聞くと、内定後はわりと放っておかれるケースが多いようです。だから僕はラッキーだったんじゃないでしょうか。いろんな課題も出して面倒を見てくれて、入社までのコミュニケーションがとても多かったと感じています。

育成担当者のおかげで
仕事も生活もスムーズに開始

入社してすぐ、主力の人気ゲームのチームにアサインされました。もともとゲームが好きでしたが、つくる側に回ったのは初めて。日本での生活も始まったばかりだったけれど、周りのみんなが親切にしてくれて、壁は感じませんでした。ドリコムには「育成担当者制度」があって、1年目の社員には担当者がついて何でも質問できる体制が整っています。育成担当の先輩が、仕事のことに限らず、住まいや買い物といった生活のいろいろについても手助けしてくれました。歳も1年しか違わないから、コミュニケーションにも難しさはなかった。
最初に手がけた仕事は、リリース済みのゲームの機能追加。メッセージで報酬を送る際に、1件につき1アイテムまでだったのをまとめて複数送ることができるようにしました。これでユーザーが喜んでくれて、仕事のやりがいがわかりました。自分の実装部分にいい反応をもらえると嬉しいし、さらにそれが売上につながればもっと嬉しい。やりがいのある仕事です。

将来はフルスタックの
エンジニアを目指す

その後、同じゲームの海外版チームに入りました。ちょうどリリース前の時期で、データベースの調整を手がけました。海外版ならではの難しさは、なんといってもコミュニケーション。常に翻訳者と連携しなくてはいけません。英語はわかるので、翻訳者がいないときには自分で英語に訳しながら進めました。
また、海外版の開発では日本版チームと細かく会議を重ねました。やっぱりわからないことをそのままにしては進めない。後から必ずトラブルにつながるからです。なので、過去に書かれたコード、過去に実装された機能も、それがなぜそうなっているのかを理解した上で他言語化するように努めています。日本語版チームは数十人規模ですが、海外版はもっと少人数で開発しました。少人数だとプレッシャーもかかりますが、エンジニアリングのみならず企画にも自分の意見を出すようになったし、新技術を試す機会も増えています。
現在は新規事業開発に携わっていて、スピーディな環境の中、アイディアも出して自分で実装までいくという体験ができています。将来的にはネイティブにも挑戦したいし、インフラもクライアントも両方できるようになって、フルスタックエンジニアとして通用になるのが目標です。ただ、ドリコムの人たちは気さくで、週末も僕をいろんなところに連れてってくれるんですよ。プールとか、ウチ飲みとか、国内旅行とか。なのでなかなか業務外の勉強をする時間をとれないのが、悩みといえば悩みです(笑)。

他の社員をみる

pagetop