トラフィックと
対峙する仕事がしたい

中途入社して5年が経ち、社内では古株になりつつあります。もともとエンジニアだったものの、出身は全く違う畑なんです。前職ではウェブ会議のシステムをつくっていて、中でも動画系の投稿システムなどを担当していました。転職を考えた当時はソーシャルゲームが一番盛り上がっていた頃で、ゲーム系企業の技術力に魅力を感じて、できればそちらへ移りたいと考えたんです。とはいえソーシャルゲーム業界に詳しくなかったので、まず有名どころを何社か当たって、最終的にはドリコムの当時の技術部長にトラフィックのギネス数字を見せられて、その大きさが決め手になりました。トラフィックに対峙する仕事をしようと思ったんです。
入社してみると、技術的には多少似ているところはあったものの全然勝手が違う。以前もBtoCに携わっていましたが、ドリコムに来てCのボリュームが桁違いに大きくなった。ウェブ会議システムに比べると、ゲームのユーザー規模というのは圧倒的です。ユーザー数が変わることで気をつけるべきことも当然変わるわけで、それまではデータベースを見ていても「これ止まりそう、遅くなりそう」っていう箇所をそれほど気に留めていなかったのが、しっかりケアするようになった。ドリコムでは当然のこととしてデータベースの深いところまで負荷対策を施しているので、そういう部分には魅力を感じました。

サーバエンジニアから、
入社後にクライアント側へ

入社してすぐはサーバエンジニアとして働いていましたが、その後プロジェクトが変わった時点でクライアント側に回りました。それまでクライアント経験は皆無だったので、ゼロからのスタート。楽しかったものの、実際にはすんなりとはいきません。ツールやプログラムの類がごっそり変わってしまうので、覚えるべきことが一気に増えました。それでもサーバをやった上でクライアントエンジニアを経験すると、何かトラブルがあったときに両方自分で見られるので大きな強みになります。
生涯に一度は、クライアント側で使っている言語を用いて型のあるプログラムを書いてみたい、と思っていたので、この経験ができて本当によかったです。クライアントとサーバの両方を見るようになったことで、内部的なデータの扱いに、より意識が向くようになるので、エンジニアとしてはやっぱりやらないよりは両方やったほうが良かったと思っています。

最新の技術を
いつも身近に感じていられる

以前の会社にいた頃は、ウェブや雑誌で新技術の紹介記事を読んでも「ふーん、すごいな」くらいの感想で終わっていました。でも今は「そうだよね。わかるわかる」と、完全に自分事として読むことができている。ドリコムの技術力は高いと思うので、最先端の話であってもいつも身近に感じていられるんですよ。
ただ、いまは業務範囲が浅く広くになってしまっている嫌いがあるので、新しいアプリのリリースが落ち着いたら、どこか一点を深く究めていきたいというのが希望です。具体的にはクライアントアーキテクチャの研究開発も進めたいです。
「これをやりたい」「調べたい」と言えば、職種にこだわらずやらせてもらえる環境なのはありがたい。未来につながるものには前向きにとりくませてくれる会社です。
今は得意な分野はバラバラといくつかあるものの、まだ一人で全体を把握できているという状態ではない。全体というのはなかなか難しいかもしれませんが憧れています。もっともっと広く見渡して設計・実装できるようになっていきたい、と。

他の社員をみる

pagetop