入社動機は
スーパーエンジニアとの出会い

昔からゲームが好きだったんです。ゲームづくりがしたくて高専時代にも就職活動をしましたが、コンシューマー大手を複数受けたものの内定はもらえず、大学へ。その後の在学中の2年間で、ゲームを取り巻く環境は激変しました。スマートフォンゲームが普及して、自分の手元にある端末の数も増えていった。自分はゲームそのものが好きなのであって媒体にこだわる必要はない、と考え、今度はコンシューマーとスマホの両メーカー各社を受けました。
ただ、最終的にドリコムに決めたのは、もはやゲーム云々は関係ない理由からでした。インターン中に開かれたエンジニア総選挙(社内のカリスマエンジニアを選出するイベント、現:ドリコム総選挙)で、とんでもなく面白い先輩エンジニアが登壇していて「こういう人がいるなら入りたい!」と強く思ったんです。ぶっ飛んだエピソードが多過ぎてここでは説明しきれませんが、善くも悪くも壊れている人、ずば抜けている人が多くいて(笑)技術的にもキャラクター的にも尊敬しています。

学校での勉強は、現場で通用しなくても
後で必ず効いてくる

プログラマーとして働きだして予想通りだったのは、高専、大学時代にやってきた内容だと実践では通じないということ。ただ、そのままでは通じないといっても、やっぱり基礎があるのは大きい。僕はソフトの目に見える側よりもシステムやハードの部分が気になるタイプなので、学生時代に機械の根幹に触れるような言語を学べたことは、いまも思考を組み立てる際に役に立っていると感じます。
反対に就職してみて予想と違っていたのは、つくり手側が案外ゲーム好きばかりではないということです。もちろんみんなプロダクトを愛しているけれど、根っからのゲーマーというわけではない。特に企画やデザイナーには、ゲーム経験はあまりないけれどここで働いているという人も多い。マニアだけじゃなくて、様々なタイプの人が集まってものづくりをしている環境です。

提案すると
「やってみれば」と言われる会社

入社してから現在までで印象に残っているチャレンジといえば、担当業務外で社内共通基盤のバグを直したこと。GPS関係の機能などが入っている社内共通基盤があるんですが、その中のシステムにバグを見つけて「こんなバグがあります。多分こうすれば直るはずです」と先輩に報告したら、「じゃ、直して入れといて」とこともなげに言われて、驚きました。「えっ、僕なんかがやっていいの?」って。何事もそういう感じで、提案すると「やっていいよ」って言われる会社なんですよね。それで試しにやってみたらきれいに直って、あの時は嬉しかったです。
それで結果的に表彰されることにもなって、飲みの席なんかでは「最近調子に乗ってるな」とからかわれたりもしたんですが(笑)、実際のところは自分の能力不足に悩み続けています。社内を見渡しただけでもスーパーエンジニアは大勢いて、彼らを超えたいという想いは強いのに、自分が力をつけている間に先輩達もまた強くなっていく。いつまで経っても追いつけないという焦りは常にあります。

きっと一生かけて
技術を追求していく

入社してすぐはコンテンツ・リソース配信回りの仕事から始めました。最近はUIパーツを並べたりといった物量的なことが多いんですが、物量を裁く知識はまだ足りていない。作業スピードをもっともっと上げていきたいです。
入社動機にもなった尊敬する先輩エンジニアが、独立して社を離れる前にこう語ってくれました。「自分よりもできる人が大勢いるんだから、僕はまだエンジニアを名乗る事はできない」。彼でさえエンジニアを名乗れないんだったら、いったい僕はなんなんだ、とショックを受けました。きっと技術というのは死ぬまで追い続けて、それでも届かないものだと思えるから楽しいんだと思っています。

他の社員をみる

pagetop