IP価値の最大化への挑戦

Interview

宮崎誠司

2021年入社 出版・映像事業部

部長

人々の期待を超える

IP価値の最大化への挑戦

宮崎誠司

2021年入社 出版・映像事業部

一覧へ戻る

IPプロデューサーとして、メディアミックスに関わる幅広い業務を行ってきました

ドリコム以前のお仕事の経歴を教えてください。

通信・インターネット企業のメディア事業グループで新卒から18年ほど働いていました。
新規事業や海外JV企業に出向して事業開発や企画営業を経験後、電子書籍ビジネスを推進していたことから出版事業部門に異動となり、当時立ち上がったばかりのエンターテインメント系ノベル編集部に所属し、ライツビジネス領域の立ち上げをしました。

ドリコムに入社する直前はIPプロデューサーとして、アニメ製作委員会の組成運営や出資、映像配信、商品化やゲーム化、大手コミック版元との共同レーベル事業など幅広い業務を行っていました。
また、入社後もドリコムの副業制度を利用して外資系映像メーカーでアニメの企画プロデュースなどをしていました。

現在、担当されているお仕事の概要(役職等含む)を教えてください。

出版・映像事業部の部長として、事業の立ち上げ責任者をしています。
中期事業計画の策定から始まり、事業部全体の組織構築、チームビルディングなど業務は多岐にわたっています。

日本国内でも急速に盛り上がりつつあるオールカラー縦スクロールマンガである「webtoon」をはじめ、「ライトノベル」「コミック」「アニメーション」の4つの事業、営業・宣伝・ライツ組織の構築、人材採用などをメンバーと一緒に進めている状況です。

「IP創出から育成までを一気通貫でプロデュース」する必然性

なぜドリコムが出版・映像事業を立ち上げることになったのか。経緯や、現状のステータス、どんなことをする部署なのか教えてください。

ドリコムは、IPを軸にしたコンテンツを世界に提供・プロデュースできる総合エンターテインメント企業になることを全社の中期目標として掲げており、ゲームを軸にオリジナルIPを創出していくことはもちろん、出版・音楽・アニメなどの複数の領域でIPを創ることができる組織を目指しています。

出版IPは映像化・ゲーム化・商品化など総合的に展開できる原作となりますため、出版事業を立ち上げ、原作IPを自ら創りだすということは全社目標の中で必然的であったかと思います。

また、原作IPの最大化と世界に向けた提供を考えた場合、アニメ化を含めたメディアミックス戦略を積極的にとっていくことが必要と判断し、映像事業を並行して進め、自社でIP創出からプロデュースまで一気通貫でできるようにしました。

ドリコムの中心事業となるゲーム事業と新規参入を発表したWeb3事業とのシナジーの動きも含めて、今後の成長としても必要であり成功させなければならない領域であると考えています。

現状の事業部のステータスは、中期計画が固まり本格的に動き始めた状況です。
「ドリコムメディア」という出版・映像ブランドのもと、webtoon事業の「DRE STUDIOS」、ライトノベル事業の「DREノベルス」、コミック事業の「DREコミックス」、アニメ事業の「DRE PICTURES」の4レーベルを展開し、原作IPの創出と育成・プロデュースを行っていきます。

誰もが作品の企画とプロデュースに参加できる体制

入社してみて、ドリコムという会社の雰囲気、どんな会社だと思いますか? その中で出版・映像事業部はどういった雰囲気にしていきたいですか?

組織と個人のミッション、事業状況や課題など広く開示されており、かなりオープンに社内で情報がやりとりされていることに驚きました。
目標や課題に対して、部署をまたいでの人員サポートや連携も可能で事業を推進する上でスピードを持って柔軟に動ける環境であるとも思います。

ドリコムには「真摯であること」「本質を捉えること」「変化に挑戦すること」というValueがありますが、それが体現されている組織であり、そういう価値観を持った人の集まりだと感じます。
社長の内藤を筆頭にみんないい人です!
出版・映像事業部自体も同じように、情報のオープン化とともに、それぞれの得意領域を活かしながらチームで動ける、そして助け合いができる環境を作っていきたいと思います。

ドリコムの出版・映像事業部で働く魅力はどんなところにあると思いますか? また、どんな人があっていると思いますか?

作家の皆様が生み出した作品をみんなで「ヒットさせる」「IPの最大化」をスローガンに、誰もが作品の企画とプロデュースに参加できる体制にしていることが魅力の一つだと思います。

もちろん役割分担はありますが、編集は編集だけ、ライツはライツだけといった縦割りの業務にはせず、編集・営業・宣伝・ライツ・アニメの各担当者が、1つのIPプロデュースチームとして、 0から1を生み出すこと、1から10に10から100にするようにチームで動くことを基本としています。

加えて、ライトノベルのみ、コミックのみ、アニメのみで収支判断をするのではなく、IP全体で考えることによって、そのIPにとって、作家の皆様にとって、最高のかたちでの作品展開となることを目指しています。
出版事業と映像事業を分離せずに1つの事業部にしたこともそのためです。

立ち上げメンバーとしては、様々なヒット作品を担当していた編集者、宣伝・メディアミックスに手慣れたプロデューサー、経験豊富なアニメプロデューサーなど、それぞれの領域で活躍していたプロフェッショナルな人材が続々とジョインしてきております。

自分の知識と経験をチームに共有し、議論しながら作品を創れる方は力を発揮できると思いますし、外部パートナーとの関係がすでにあることが強みでもありますので、初期タイトルから育成や仕掛けがしやすい環境にあると思っています。

今後さらなる事業の拡大を目指していますので、価値観をご一緒できるメンバーの積極的な募集を含めてチーム強化を続けております。

宮崎さんが仕事をする上で、大切にしていることはなんですか?

自分本位に考えず、人に対する思いやりや恩を大事にして一緒に成功するために動くことでしょうか。
社内も作家の皆様も取引先やパートナーの方も結局のところ最後は人と人のお付き合いだと考えています。
結構ウェットでアナログだと思います。

クリエイティブな領域は、作家の皆様・編集者・プロデューサーなどの天才的なセンスで進むこともありますが、一人ですべてが完結するわけでもなく……。
関わる全体・関係者の都合や収益、ビジネスの広がりにご協力できるように意識しながら動くことを大切にしています。

あとは、ありきたりですがよく遊んでよく休むことでしょうか?
できる限りポジティブに物事を考えるクセはついていますが、とはいえ心に余裕がなくなる瞬間はありまして(苦笑)
忙しくても仕事から離れて休暇をしっかり取ることは大切にしています。

ドリコムならではの作品投資と育成

今後、出版・映像事業部が目指すこと(短期・中長期)を教えてください。

まずは、「早くヒット作品を出す!」「早くアニメ化作品を出す!」ことを目標にしています。
作家の皆様に選ばれるレーベルに、書店様に注目されるレーベルに、読者の皆様に選ばれるレーベルになるには、そこはクリアしないといけないと考えています。

そのためにドリコムならではの作品投資と育成をしていきたいと思いますし、それを可能とする組織構築を目指したいと思います。
今後のドリコムの成長にとって大切な事業であると認識していますので、ゲーム事業の売上規模に早く成長できるよう本気で取り組んでいきたいと思います。

Twitterロゴ
会社の最新情報はこちらでチェック DRECOM OFFICIAL Twitter