マーケティングの力で
市場そのものを”デザイン”していく

Interview

海田由姫

2021年入社 マーケティング

グループ長

人々の期待を超える

マーケティングの力で
市場そのものを”デザイン”していく

海田由姫

2021年入社 マーケティング

一覧へ戻る

幼い頃から「プロフェッショナルの本気」に接する機会が多い環境で育ちました。

海田さんが入社されて、現在どのような仕事をされているか、また、ドリコム入社の前にどういった仕事をされてきたか教えてください。

幼少期からクラシックバレエをずっとやっていて、その後、学生時代からお芝居の世界に入って、声優、ナレーターなどの活動もしていました。幼い頃から「プロフェッショナルの本気」に接する機会が多い環境で育ちました。 マーケティングの仕事としては最初に、総合の広告代理店で営業アシスタントとして5年間務めました。その際に、ある思い入れのあるゲームのプロモーションに関わる機会があり、それがゲーム業界のプロモーションに関わったルーツですね。そのあと、外注という立場ではない形で仕事をしたいと思い、ゲームの事業会社に入りマーケティングに携わりました。ドリコムがゲーム会社では3社目になり、2021年の1月に入社したばかりです。それぞれ色々な経験をさせていただいたのですが、今が一番大変ですね(笑)

なぜなら、新規でマーケティング部署を立ち上げることから始めたためです。中途採用でのメンバー集め、チームのルールを作ることもやっていきました。また、リモートワークがメインの環境下で、初めましての方たちとどんな風にチームを作っていくのか、皆さん手探りだと思うんですけども、色々調べたり、メンバーの意見を聞いたりしながら、半年ほどかけてようやく、チームとしてよい形が作れてきたのかなと思っているところです。

それと平行して、社内で立ち上がっていたゲームのプロジェクトのプロモーションも進めていましたし、ゲームとは別にIPを扱う仕事もしています。

マーケティングの力で市場そのものを”デザイン”していこう

「マーケティングデザイン部」とのことですが、どんな部署になるのでしょうか?また、海田さんは、その中でどういったお仕事をされているか教えてください。

マーケティングデザイン部のグループ長をしています。「マーケティングデザイン」は造語になります。ぱっと聞くと、マーケターとデザイナーがいる部署、と受け取られやすいと思うのですが、そうではなく「マーケティングの力で市場そのものを”デザイン”していこう」という意図を込めています。 「この市場は2、3年後いけるんじゃないか」とか、「このジャンルがいいんじゃないか」など、市場調査からマーケがきちんとやって、市場自体をきちんと盛り上げていけるコンテンツを作っていく。コンテンツを投入するだけではなく空気も醸成する。そういった「マーケットプレイスのデザイン」がコンセプトになります。 まだまだ、そこまでは全然たどり着けていないですが(笑)

「マーケティングデザイン部」の規模は現在どのくらいになりますか?

派遣や、業務委託の方も含めると10名程度の規模になります。(2021年10月現在) まだこれから増えていきますね。

「マーケティングデザイン部」は社内では比較的新しい部署ですが、どんな経緯でマーケティングデザイン部が立ち上がったのでしょうか。

以前はゲーム開発の組織の中にマーケティングチームがあったと伺っているのですが、マーケティングデザイン部は、ゲーム開発組織とは別の組織になっています。プロダクトづけで一つの作品に決まったマーケターがつくというよりは、横断組織として、チームで対応をしている状態です。

なるほど。海田さんが「マーケティングデザイン部のマーケター」に向いていると思う方はどんなタイプの方ですか?

客観性を持っている方というのを重要視していますね。 作品愛、エンターテインメント業界愛というのも大事だと思っているんですが、自分の好きと他人の好きは一緒ではありません。だからこそ、客観視ができるかどうかはすごく大事な部分だと考えています。 今のチームは結果としてなんですが、あまりゲーム業界を経験していない方が多いです。 元編集者であったり、バラエティに富んだ業界出身の方がいて、客観性を担保しつつ、業界人ではなかったのに業界に対する理解が深い方が多いんです。 エンタメが好きでいて、かつ、客観視ができる方というのは「向いている」と言えるのかなと思いますね。

また、なんでもいいので、何か一つ「絶対負けないぞ」と言いたくなるような武器を持っている方は、出身業界や経験に関係なくうちの部にフィットしていただけるのではと思っています。ゲームマーケティングは結構「型」が決まってきているところもあるんですが、その武器をゲームマーケに活かして、新たな発想や柔軟な発想をできることが大事だと考えていますね。

過渡期の環境ではありますので、安定を求める、決まった業務をこなしていくというような業務が少ない。そういった環境を楽しんでいただける方も、向いていると思います。

クリエイターとしての目線や経験から
「マーケティングの問題、課題を解決する」

ドリコムでマーケターとして働く魅力はどんなところでしょうか?

会社自体も過渡期で、その中で新しい部署として立ち上がっている段階です。 私たち自身、試行錯誤、トライ&エラーの繰り返しです。そういうフェーズで仕事ができるということ、会社のミッションを実現していくことに、かなり深くかかわれることは、ほかの会社ではなかなか経験できません。

また、マーケティングやプロモーションのチームは、企画、デジタルマーケ、クリエイティブチームなど分業制にしている会社さんが多いと思います。構想途中ではありますが、このチームではそれを廃止しようと思っていて、実際その垣根がない状態にしています。 構想途中、というのはまだクリエイターさんの採用が完了していないためですね(笑)

わかりやすいのでクリエイターさんの例でお話ししていましますが、みなさん役割や得意な分野が違うだけですので、クリエイターさんはクリエイターとしての目線や経験から「マーケティングの問題、課題を解決する」ことに協力してほしいということをお願いしています。 なので、業界経験は問わず、マーケティングの初心者でもまったく構わないのですが、そういったことを「面白そうだ」と感じてくださる方には魅力のある職場だと思いますね。

タイトルに対しては担当制になるのでしょうか? それとも、チーム全員でそれぞれのプロダクトにあたっていくような体制になるのでしょうか?

一応メインの担当はつけています。ですが、作品に対しての戦略、企画を練るために「こういう調査がしたい」となった場合は、総出で対応したりしますね。競合作品のプレイをまとめたり、AppAnnie(データ分析ツール)のデータをまとめたり、それらに対する意見交換みたいなことはタイトル関係なく、メンバー間で行うようにしています。 タイトルのフェーズによっても必要な職能が変わってくるので、一人が必ずずっとつくというよりは、そのフェーズに必要な人がメインで立つといったイメージが強いかと思います。

「ゲームのマーケティング分野で、3年後に日本一のマーケティング集団になろう」

マーケティングデザイン部が今後どうなっていくのか、展望などあればお話いただければと思います。

「ゲームのマーケティング分野で、3年後に日本一のマーケティング集団になろう」というのが部のミッションに掲げられています。そこは目指していかなければならないと思っています。
ベーシックにゲームのマーケティングを取り入れていく、みなで学んでいくというところはしかりやっていきます。 もう一つは出版事業部ができたので、「市場をデザインする」につながるものとして、マーケティングデザイン部として連携をとりながら「IPづくり」を協力してしやっていきたいと思っています。
IPの醸成という意味では、5年、10年先のことを見据えて動くことも求められていると考えています。

中途入社でドリコムを志望されてる方に向けて、なにかメッセージがあればお願いします

マーケティングの仕事って「客観性」の話とつながるんですけど、自分のやりたいことはやれない場合がすごく多いです。でも自分の好きなものがすぐそこにあったりして、バランス感覚が求められる仕事だと思っています。
ただ、そういったバランス感覚自体はもちろん大事ではありつつ、エンタメ愛、業界愛みたいなところの強さもも、やっぱり最後にものをいうところだと思います。 私が間近でたくさん見てきた「プロの仕事」の中でも、やはり「ここまでこだわるか」というくらいこだわりきったものしか、世の中の人に受け入れられない、売れていかない。
だから「こだわりきる」経験というか、命がけでこれをやりました、と話せる経験をお持ちの方とは、経験の有無を問わず、積極的にお会いしていきたいと思っています。

Twitterロゴ
会社の最新情報はこちらでチェック DRECOM OFFICIAL Twitter